東京大手町、滋賀県大津市の弁護士による 会社の破産・清算

あい湖法律事務所

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

ご相談予約
お問い合わせ

ご相談から解決までの流れ

1
初回のご相談(要事前予約)

弁護士が分かりやすく丁寧にサポートします。

弁護士への初回のご相談で、以下のようなことが分かります。

  • 破産申し立ての可否
  • 破産申し立てに最適なタイミング
  • 具体的な解決方法と必要な手続き・書類の内容
  • 破産の準備から手続き終了までの流れと見通し
  • 破産手続きに必要な費用

弁護士は法律や手続きに関する専門家ですが、決して堅苦しい存在ではありません。
困っていること、分からないこと、心配なことなど、何でもお気軽にご相談ください。
なお、初回のご相談の際には、「負債の内容」「債権者数」「会社の財産」などが分かる資料をご持参ください。以下のような資料をご持参いただければ、より正確に今後の見通しや上手な破産の方法をお伝えすることができます。

ご持参頂く資料の例
  • 借入先・未払金先一覧表
  • 売掛金・貸付金一覧表
  • 財産目録
  • 未払給与・退職金一覧表
  • 滞納公租公課一覧表
  • リース物件一覧表
  • 本支店・営業所施設一覧表
  • 従業員名簿
  • 賃金台帳
  • 就業規則 など

2
破産手続きの開始
受任通知発送

破産の手続きを開始するにあたっては、銀行や取引先などの債権者宛てに弁護士名で「受任通知」を発送します。受任通知の発送後は、返済や支払いを停止します。
また、取引先や債権者、従業員などへの対応や交渉の窓口は、弁護士に一本化されますので、借金の返済や各種支払い、関係者への対応等の悩みから解放されます。
煩わしいことは弁護士に任せて、再起に向けた準備を着実に進めていきましょう。

3
申し立て書類の準備
従業員への対応

破産の申し立てに必要な書類を作成します。専門的知識が必要となる書類の作成は、弁護士にお任せいただけますのでご安心ください。
なお、書類作成には決算書や会計帳簿等の各種資料が必要となります。必要な資料については弁護士からお知らせしますので、ご準備をお願いします。

弁護士にお任せいただけるのは、書類作成だけではありません。
  • 拠点閉鎖・立ち退き
  • 従業員への未払い賃金
  • 従業員の解雇

拠点や店舗、社宅がある場合などは、それらの閉鎖や立ち退き等を行います。
破産申し立てより以前に事業所等の整理を行うことで、以降の手続きがスムーズになります。
従業員の未払い賃金、解雇などの問題がある場合にも、この段階で弁護士がトラブルが起こらないように対応します。

4
破産手続きの申し立て
破産管財人の選任

申し立て書類が揃った段階で、弁護士が代行し裁判所に対して破産手続きの申し立てを行います。書類に不備がなく、破産の要件を満たしていれば、破産の申し立てが受理され、破産手続きの開始となります。裁判所によって「破産管財人」が選任されると、会社の財産は破産管財人の管理下に置かれることになります。

5
財産の換価
債権者集会・配当

会社のすべての財産が、破産管財人によって換価されます。また、債権者集会が開かれ、資産状況の報告や債権の確認が行われます。
財産を換価して得られたお金は、税金等の支払いや債権者への配当に充てられます。
ここまでで会社の破産手続きは終了となります。

会社破産の手続きの詳細は、会社破産の方法をご覧ください。

6
破産・清算完了

会社の破産手続きは、大まかに上記の流れで終了します。
正しい知識と経験を持った専門の弁護士がサポートしますので、どうぞご安心ください。

破産手続きの終了まで、およそ1年。
煩わしい手続きは弁護士に任せて、再出発の準備を。

会社の破産手続きは複雑で、終了にいたるまでに1年程かかる場合もあります。
弁護士にご依頼いただければ、書類作成や裁判所への申し立て、債権者や管財人との交渉など弁護士が適切に対応しますので、
手続きの終了までの期間は、じっくりと再起に向けて準備を進めていただくことができます。