東京大手町、滋賀県大津市の弁護士による 会社の破産・清算

あい湖法律事務所

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

ご相談予約
お問い合わせ

- 破産・清算後の生活を守るために -

任意整理

「毎月の返済額を減らせばなんとかなる」「事業を将来再建したい」と思っているなら任意整理という選択肢もあります。弁護士が債権者との間に入って今後の返済プランを決め、債務の圧縮を図ることが可能です。

任意整理のメリットは?

任意整理とは言葉のとおり「任意で借金を整理すること」。弁護士が債務者と債権者の間に入って交渉し、利息や毎月の支払いを減らしてもらうことです。経営者が任意整理という方法を取る場合は、まず負債額を明らかにしなければなりません。その上で、法律より高い金利の契約については法定利率で計算しなおします。すると借金の残債額が減るので、それを月々支払える金額で割って返済していくというわけです。
通常は3年、長くても5年で完済できるよう、返済計画を立てるようにするのが一般的。事業再建を目指している場合、多少厳しくても任意整理という手段をとりたいという方も少なくありません。

借金を大幅に減額できるのはナゼ?

払いすぎた利息分で元金を返済する
多くの金融機関は、出資法と利息制限法の狭間にあるグレーゾーン金利でお金を貸し付けていました。ところが、グレーゾーン金利は法律で違法とされました。債務整理の手続きでは、法定金利とグレーゾーン金利の差額を計算し、本来であれば払う必要のなかった利息分を元金の返済に回します。そして、残った借金を3~5年で返済していくことになります。
将来利息をカットして、返済を実現
任意整理の手続きのメリットの1つは、将来利息をカットできることです。今後の返済に関しては利息が付かなくなるので、元金だけの返済となるのです。
29.2%の金利で200万円を借りていたとすると、利息だけで1年間に58万4千円となっていました。それほどの重荷だった高い金利がゼロになることで、返済期間は短縮され、返済額も大幅に減らすことができるのです。

5年で返済するのが厳しいのですが、任意整理は無理ですか?

厳しいのであれば、自己破産などの方法も検討してみるのがよいでしょう。ただ今後、事業再建を目指しているなどの理由で、任意整理にこだわる方も中にはいらっしゃいます。そういった場合、まず家族や親戚などからまとまったお金を借り、いくらか返済してから返済計画を立てるというケースもあります。