東京大手町、滋賀県大津市の弁護士による 会社の破産・清算

あい湖法律事務所

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

ご相談予約
お問い合わせ

- 会社の破産・清算の進め方 -

取引先への対応

破産する場合、迷惑をかける債権者にはどう対応すればよいのか悩んでしまうもの。誠実に対応することを基本にしながら、弁護士に相談しながらきめ細かに対応するよう心がけましょう。

気になる債権者集会

倒産すると取引先にも大きな迷惑をかけてしまうので、弁護士に相談しながらタイミングを図り、倒産を打ち明ける方がよいでしょう。謝罪とともに、誠意をもって対応することをきちんと伝えておくと、その後の倒産処理の手続きもスムーズに進みます。
債権者への対応の中で最も気にかかるのが「債権者集会」という方が多いようです。債権者集会というと、債権者が押し寄せ、社長を罵倒するといったシーンを想像されるかもしれませんが、実際には破産管財人や弁護士も同席しますので、もっと穏やかなものであることがほとんどです。なにかトラブルが発生した場合も、専門家である弁護士に依頼していれば安心です。

債権者からの取り立てが止まらない場合

破産などの債務手続きについて、弁護士に依頼した後は、債権者は債務者に対して取り立てを行うことが法律で禁止されています。
ところが、取り立てを続ける悪質な業者も存在しています。
万が一、弁護士に手続きを依頼した後でも厳しい取り立てが続くようであれば、ただちに弁護士に連絡しましょう。

長年世話になった取引先にだけ返済することは可能?

いざ破産・清算ということになっても、昔からお世話になっている取引先や銀行にだけには返済を続けたいと考える方も少なくありません。が、一部の債権者にだけ返済を続けると、破産の手続き上、偏頗(へんぱ)弁済とみなされる可能性があります。債権者平等の原則に反するため、禁止されているので、経営者の独断で勝手に返済せず、あくまでも弁護士のアドバイスや指示に従うようにしましょう。