東京大手町、滋賀県大津市の弁護士による 会社の破産・清算

あい湖法律事務所

0120-001-694

受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし

ご相談予約
お問い合わせ

- 会社の破産・清算の進め方 -

会社休眠化の方法

通常、会社を消滅させるのは、破産か清算という手続きをとるのですが、それ以外のやり方でも、実は事業や会社を終わらせてしまうことがあります。それが、会社を眠らせる「会社休眠化」という方法です。

会社休眠化とは?

会社休眠化とは、その名の通り、会社を眠らせてしまうこと。訪問客にも誰も対応せず、手紙も届かず、電話もかからず、一切の事業活動を停止させます。預金口座が動いている、名刺に会社名が記入してあるなどの場合は休眠とはみなされません。事業を停止させるのですから、もちろん納税もできません。
休眠の手続はいたって簡単です。税務署など所定の機関に休眠届を提出すれば手続は終了。会社は登記簿上だけに存在することになります。

会社休眠化の流れ

滞納している税金は、会社を休眠させるとどうなる?

いくら休眠届を提出したといっても、滞納している税金の納税義務が消えるわけではありません。例えば、しばらく休眠させた後に復活させたいと考えているのであれば、滞納している税金はきちんと支払う必要があります。